2010.05.17

健全な壁内

最近、当社の近くで家の解体作業が始まりました。

築後50年以上経っており、ここ数十年は空き家になっていて屋根や外壁の板金はサビ放題という状況でした。

しかし解体中の壁の中を見ると土台も柱も腐れは無く美しい状態を保っていました。

当然の現象なのですが、これは大変重要な事なので良く考えて見ましょう。

 

では、近況報告ですが、MK邸の和室天井に節の無い杉板を張りました。

杉板を張る勝原君

仕上がりが楽しみです。

 

MM邸は造成工事を施工中です。

ではまた。

カテゴリー:ブログ,無垢材