2019.04.18

揖斐郡揖斐川町AY邸 無垢材をつかった古民家再生現場

みなさんこんにちは!

季節の変わり目、晴れ間が続いたと思ったらいきなりの雨など、不思議な天気が続きますね。

 

さてさて、揖斐川町の古民家再生AY邸が完成を迎えましたのでご紹介いたします!

もとは大きな土間が広がり、太い骨格を表しにしていた玄関から…

 

屈強な構造部分の雰囲気はそのままに、バリアフリーや生活動線を大切にした玄関空間が出来上がりました!

既存の格子戸も再利用して、古民家の趣を残したお洒落な玄関に。

 

高橋棟梁による長式台のケヤキを再利用した蹴込み板、富田造園さんが据え付けた沓脱石、早見左官さんの豆砂利洗出しも相まって、足元周りの雰囲気も格段にかっこよくなりましたね!

 

内部に移るとLDKです。

古民家ならではの大胆な構造体をデザインに取り込み、勾配天井の吹き抜け空間にすることで圧迫感を解消。

バリアフリーを実現しつつもゆとりある空間にリフォームいたしました!

 

こうした「古民家らしさ」は空間のいたるところに散りばめられており、これまで暮らした思い出や記憶を大切に設計いたしました。

 

水回り空間は生活の上ではとても大切。

脱ぎ着しやすいゆとりある空間の洗面脱衣室とし、トイレとの距離も近く設計することで、高齢ご夫婦の生活に寄り添う居住環境を意識しました。

 

こちらは続く浴室。

将来の介護も視野に、通常より広く、また目が見えづらくても問題ないように爽やかな明るい色の色調で統一いたしました。

 

こちらは洗面所のすぐ近くに設計しましたトイレ。

空間にゆとりをもたせるカウンター手洗い鉢を設け、無垢材で壁面を構成することでじめじめした環境にならない、さっぱりとした空間になりました。

 

さて、いかがでしたでしょうか??

ビフォーアフターがはっきりと分かる古民家再生。

一件古く、良く見えないように思える建物も、精度の高い調査、綿密な構造計画、丁寧な設計を心がければ見違えるように美しく、豊かな空間に変わります!

 

昨日手すりを追加で取り付けに伺いましたが、ご家族皆さまとてもご満足いただいているようで、来客の方への自慢の種にもなっているそう。

そんなお話を伺ったらとても嬉しくなりました。

これからも魅力あふれる空間を設計したいものですね。

 

では皆さん、次回も乞うご期待ください!!

カテゴリー:ブログ

2019.04.13

岐阜県池田町OT邸 無垢材をつかった木の家の新築住宅現場

みなさんこんにちは!

桜の季節もそろそろ終わりでしょうか、いかがお過ごしですか??

 

さて、本日は桜の咲く前、冬の雪の時期に行われた池田町OT邸の上棟前後までのようすをご紹介いたします!!

基礎工事が完了していよいよ大工工事が始まります。いつも通り基礎工事は小森さんのお仕事、美しい精度の基礎が完成しました。

 

上棟前の土台敷き工事。

土台には防腐防蟻処理を施し、ここに弊社独自の「内緒のひと手間」を加えて木材がより長持ちするよう加工します。

土台は建物を構成する材料の中でも特に重要な部材の一つ。

仕上げで隠れてしまう地味な部分ですが、材料の長寿命化や施工精度には特に注意を払います。

 

OT邸の棟梁は大垣のAM邸を担当しました高橋棟梁。

今回の土台伏せも完璧な精度でした!

 

土台を伏せきると上棟に向けて材料が搬入され…

いよいよ上棟です!

 

今回は広い敷地の畑やお庭に囲まれた、かわいらしく建つ一軒家。

当日は綺麗な青空で、上棟がスタートすると一気に工事が進みます。

 

始まってしばらくすると、もうこんなに進みました。

遠景に望む山々は雪化粧。とても美しいロケーションです。

 

午後になると屋根の下地まで工事が進みました。

エントランスから眺めると平屋のおさえが効いていて、力の抜け感、バランスがとても綺麗です。

が…!

 

何やら怪しげな雲行きに…!!!

少しずつピッチを上げる大工さんたち

 

 

怪しげだった雪も問題なく、無事上棟を終えることができました!

翌日にはもう構造や下地の工事が大きく進んでいました。

こぢんまりとしたかわいい平屋なので、工事のテンポも速いです!

 

こうして見るとよくわかりますが、空間工房 森田の家は建物の骨格・構成を綺麗に整えています。

構造が明快で、耐力壁を入れると力の流れがよく伝わってきます(これは非常にマニアックな世界です)

 

南東から見た景色。

大きな敷地の一部になったような、ささやかな外観です。

雪が降り込んでこないように足元を養生していますね。

 

こうして外壁の下地まで完成すると雪に対しても一安心。

いよいよ内部の造作工事に進みます!

 

かわいらしい面積でも造作内容は大ボリューム!

和室に勾配天井に…通常の住宅と何ら変わりないグレードで、どんな仕上がりになるか楽しみですね!

次回も皆さんお楽しみに!!!

カテゴリー:ブログ

2019.03.23

岐阜県揖斐川町KY邸 無垢材をつかった木の家の改築住宅現場

みなさんこんにちは!

桜が咲き始めたと思えば雪がちらついてみたり、筆者は流行り病にかかって寝込んでおりましたが、季節の変わり目をいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、本日は揖斐川町KY邸の完成までの様子をお届けしながら、改築の設計や現場監督の仕事を体験してみましょう。

今回は大工の横山棟梁が工事に入るところから。

 

まずは改築をするにあたって床を組んでいきます。ここは将来LDKになる空間です。

 

床の構造を組みながら足元が冷えないよう、断熱材を施工します。

 

この床組みで重要なのは木構造をきちんとコンクリートと一体化させること。

大きな空間の真ん中あたりの床の構造は、一般的には「鋼製束」と呼ばれる支持材で重みを支えます。

木材が反って変形する力に対しては、鋼製束を土間と接着剤でくっつけたり釘やビスのようなもので止めたりするのですが、これだけでは長期間で見たとき木材の変形を止めきれません。

将来的に接着が剥がれた場合、「床鳴り」の原因となってしまうため、空間工房 森田ではここにひと工夫。

頑丈なアンカーをコンクリートに打ち込み、太い鉄線で木構造を直接引っ張ってコンクリートと一体化します。

こうすることで床全体の浮きを防止、万が一床鳴りが生じてもこの工法であれば床下の鉄線を増し締めすれば解消できます。

このようなひと手間で長い間安心して暮らせるよう工夫しています。

 

 

つぎはこちら、空間工房 森田の床下はとにかく健康的でメンテナンスしやすい環境づくりに力を入れています。

改築のような複雑な計画でも配管ルートは特に重要。

長期間使用しても詰まりにくい配管計画を行い、万が一にも詰まった場合、掃除孔を要所に設けているのでメンテナンスが簡単にできるようになっています。

将来的な水回りのリフォームにも対応できるよう、重要な接続箇所の近くには点検口も作っています。

 

外に目を向けると外壁も下地の工事が進みました。

改築の現場は水平垂直を出すことにひと苦労。

家全体が場所ごとに微妙に傾いていることが多いので、下地で垂直を出しながら完成する外壁のかたちを整えていきます。

 

外部の照明はこうした下地の隙間をぬうようにして配線していきます。

 

外壁を張ると…いよいよ…

完成です!

 

 

こちらが先ほど床を工事していたLDK

古い大きな骨格はそのままに、デザインに取り入れました。

 

階段室も一新。

足元にはルンバが自動で格納できる空間を作りました。

 

トイレも杉板張りとすることで湿気を吸うようなつくりに。

清潔な環境を維持します。

 

これまで木構造に湿気をため込んでいた造作浴室も、システムバスに変更することで構造を健康的に保ち、かつ明るく爽やかな風呂場になりました。

 

こちらが新しい玄関。

古い構造を見せながら、暗かった空間を明るい色調でまとめてみました。

 

外観も山並みを背景に、落ち着いたトーンに。

板金にすることであらわしになっていた木構造を保護し、これからも住み続けられる長寿命の家づくりを目指しました。

 

さて、いかがでしたでしょうか?

改修工事は既存の状態をよくよく観察し、現場の工事をしながら設計していくことが大切。柔軟な判断が必要な分、新築よりも難しいですが、ビフォーアフターの変化があってとても楽しいです。

複雑な既存の建物も、是非当社へご相談くださいね!

カテゴリー:ブログ

次ページへ »