2019.03.23

岐阜県揖斐川町KY邸 無垢材をつかった木の家の改築住宅現場

みなさんこんにちは!

桜が咲き始めたと思えば雪がちらついてみたり、筆者は流行り病にかかって寝込んでおりましたが、季節の変わり目をいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、本日は揖斐川町KY邸の完成までの様子をお届けしながら、改築の設計や現場監督の仕事を体験してみましょう。

今回は大工の横山棟梁が工事に入るところから。

 

まずは改築をするにあたって床を組んでいきます。ここは将来LDKになる空間です。

 

床の構造を組みながら足元が冷えないよう、断熱材を施工します。

 

この床組みで重要なのは木構造をきちんとコンクリートと一体化させること。

大きな空間の真ん中あたりの床の構造は、一般的には「鋼製束」と呼ばれる支持材で重みを支えます。

木材が反って変形する力に対しては、鋼製束を土間と接着剤でくっつけたり釘やビスのようなもので止めたりするのですが、これだけでは長期間で見たとき木材の変形を止めきれません。

将来的に接着が剥がれた場合、「床鳴り」の原因となってしまうため、空間工房 森田ではここにひと工夫。

頑丈なアンカーをコンクリートに打ち込み、太い鉄線で木構造を直接引っ張ってコンクリートと一体化します。

こうすることで床全体の浮きを防止、万が一床鳴りが生じてもこの工法であれば床下の鉄線を増し締めすれば解消できます。

このようなひと手間で長い間安心して暮らせるよう工夫しています。

 

 

つぎはこちら、空間工房 森田の床下はとにかく健康的でメンテナンスしやすい環境づくりに力を入れています。

改築のような複雑な計画でも配管ルートは特に重要。

長期間使用しても詰まりにくい配管計画を行い、万が一にも詰まった場合、掃除孔を要所に設けているのでメンテナンスが簡単にできるようになっています。

将来的な水回りのリフォームにも対応できるよう、重要な接続箇所の近くには点検口も作っています。

 

外に目を向けると外壁も下地の工事が進みました。

改築の現場は水平垂直を出すことにひと苦労。

家全体が場所ごとに微妙に傾いていることが多いので、下地で垂直を出しながら完成する外壁のかたちを整えていきます。

 

外部の照明はこうした下地の隙間をぬうようにして配線していきます。

 

外壁を張ると…いよいよ…

完成です!

 

 

こちらが先ほど床を工事していたLDK

古い大きな骨格はそのままに、デザインに取り入れました。

 

階段室も一新。

足元にはルンバが自動で格納できる空間を作りました。

 

トイレも杉板張りとすることで湿気を吸うようなつくりに。

清潔な環境を維持します。

 

これまで木構造に湿気をため込んでいた造作浴室も、システムバスに変更することで構造を健康的に保ち、かつ明るく爽やかな風呂場になりました。

 

こちらが新しい玄関。

古い構造を見せながら、暗かった空間を明るい色調でまとめてみました。

 

外観も山並みを背景に、落ち着いたトーンに。

板金にすることであらわしになっていた木構造を保護し、これからも住み続けられる長寿命の家づくりを目指しました。

 

さて、いかがでしたでしょうか?

改修工事は既存の状態をよくよく観察し、現場の工事をしながら設計していくことが大切。柔軟な判断が必要な分、新築よりも難しいですが、ビフォーアフターの変化があってとても楽しいです。

複雑な既存の建物も、是非当社へご相談くださいね!

カテゴリー:ブログ