2019.03.13

シリーズアニマル:寒い日は致し方ありません

みなさんこんにちは

本日は以前発見した小ネタをシリーズアニマル、物語としておひとつご紹介いたします。

 

 

何年か前のとある冬の日、現場で外構のコンクリート工事が行われておりました。

豆知識ですが、コンクリートはドロドロの状態で生コン車で現場に運ばれてきて、型枠に流し込んで時間を置くことで固まり、強度を発現します。

ここまでは皆さんご存知でしょう。

 

ただ、コンクリートはいわゆる「乾く」つまり水分が乾燥することで強度が出るわけではありません。

表面の水の引きなどは乾燥度合いによって異なりますが、コンクリートは化学反応によって固まります。

 

コンクリートを構成する成分同士が反応して凝固するため、むしろ水の引きが早すぎるとうまく化学反応しません。

たとえば大きな現場で猛暑の時などは、散水しながら固まるのを促進するくらいです。

 

そしてコンクリートが化学反応するとき…熱を発します。

固まり始めのコンクリートを触れるとけっこう温かいです。

 

これが冬の小動物にとっては最適な床暖房になるのでしょう。

こんなようすが撮れました。

 

 

 

 

 

 

きっと現場近くをうろついていた彼が犯人なのでしょう。

 

寒い冬をしのぐ彼らのささやかな幸せなのかもしれませんね。

(…後日補修して無事完成しました。)

カテゴリー:ブログ