2019.05.10

シリーズ旅紀行:北陸旅の最終回

皆さんこんにちは

連休はいかがお過ごしでしたか??

経済効果は過去を圧倒する2兆円とのニュースもあり、おでかけされた方も多いのではないでしょうか。

 

さて今回は登山の続き、まだまだスタートから1時間のところですが、一気にペースを上げていきましょう。

 

ここ立山はスタートからずっとごつごつした岩場が続きますが、ひたすら登ります。。。

というのも…

 

実はずっと、こんな絶景が続いているんです!

天空に浮かぶような大地の中央にはミクリガ池が見え、その美しさに写真を撮りっぱなしでした。

 

そして…

いよいよ頂上が見えてきました。

右にはアマチュア無線でしょうか、をされている方もみえて、その雰囲気も素敵な感じ。

 

雄山頂上!

小さな祠があって、登山の人たちで賑わいます。

 

持ってきたポテトチップスの袋は頂上の気圧が低いため、大きく膨らんでいました。

 

頂上からは黒部ダムによってできた黒部湖も見えます。

すばらしい快晴で飛行機の窓の外に出たような感覚。

 

雄山山頂を後にして、そのまま縦走。

 

たどり着いたのは大汝山山頂!!

この岩の向こうは崖です。怖い。

 

この大汝山の山頂がとにかくひたすらに絶景でした。

 

この山頂の岩地に寝転がって空を見上げてみたんですが、言葉で表現できない幸福感でした。

雲に乗って上空に浮いているような不思議な感覚、上を見ると視界のすべてが空。

 

30分くらいボケーっと寝てましたが、後ろ髪を引かれながら下山を始めます。

 

実は下山の方が大変でした。

空気が薄いわりに急場が多く、体力を持っていかれます。

 

今回もいろんな高山植物を発見できました。

 

こうして自然の様子をみていると、いかに植物同士の関係性、「植生」が大切かがわかります。

住宅の庭をつくるにも植生を考えずに設計すると大抵失敗します。枯れや他の植物の侵食、何より見た目が自然ではありません。

日の当たり具合や植物同士の水の取り合いによって植生が決定され、自然な環境が出来上がるのです。

人の手の入りにくい高山地帯はそうした植生がはっきりと見え、とても勉強になります。

 

この山々を歩いてきました。

 

下の方まで下りてくると絵に描いたような色とりどりの植物たちがおでむかえ。

 

乾いた喉を流れる冷たい水で潤しました。

(良い子はマネしないでね!)

 

まるでファンタジーに出てくるような異世界感あふれる景色に終始感激を覚えつつ、山を堪能できました!

ルートは険しい部分も多く本格装備でないとしんどいですが、ただただ美しかったです。

登山をされる方はぜひ行ってみてください!

 

また次回からは現場のご報告に戻ります。

どうぞお楽しみに!!!

カテゴリー:ブログ

2019.05.01

シリーズ旅紀行:北陸旅の続き

皆さんこんにちは!

連休が始まりましたが、みなさまはどこかへおでかけされるのでしょうか???

先日からシリーズでお伝えしている北陸旅、今回は富山編の続きです。

富山まで来たらこれでしょう。

そう、3000m級を誇る北アルプス、立山連峰の雄山への登頂です。

 

とはいっても今回は日帰りの一周コース。

ある程度の高度までケーブルカーとバスを乗り継ぎ、そこから登山するルートです。

観光ルートにもなっているほど馴染み深いコース、バスに乗るだけでここまで高く来られます。

 

今回の同行者も、前回共に赤岳を制覇した組織設計事務所所属の盛田くんと

 

今回が本格登山初挑戦!体力には自信が無い、アトリエ設計事務所所属の園家くんです。

 

3人パーティーの体力や歩行速度、行程を考慮して観光ルートの立山を選びました。

天気は快晴!高度がすでに2450mなので少し空気もひんやりと冷たいですが、緊張感があってとてもいいです!

いざ、登山スタートです!!!

 

 

 

少し歩くと何やら見えてきました…

これは…?

 

現存する日本最古の山小屋「室堂小屋」です。

令和に時代は変わりましたが、こちらは江戸時代、「享保」11年(1726年)に建立された、国の重要文化財です。

厳しい環境・限られた設計施工条件の中で、シンプルな骨格を主体に構成しながらも、美しい材料構築のプロポーション、随所に配されたデザインへのこだわりがみられます。

 

綺麗な建築を後にして登山を続けます。

眼前にはこれからアタックする山頂が見えています。

…が…!!!!

 

園家くん、くたばりました。

観光ルートとは良く言ったもので、登山客に人気というだけ。内容は本格的な岩場です。

開始1時間も経たないうちに足が動きません。

 

まだまだ先は長く、見えているだけでもこの高低差。

この向こうにまだ永遠とルートが続きます…

 

立ち尽くす園家くん…

彼の寂し気な背中が、すべてを物語っています。

唯一の救いはこの美しい景色でしょうか…

 

さて、このあと一体どうなってしまうのか…!!

舞台は後半に続きます!!!

カテゴリー:ブログ

2019.04.23

岐阜県垂井町HM邸 無垢材をつかった木の家の新築住宅現場

みなさんこんにちは!

いよいよ待ちに待った!暑い季節がやってきましたね!!!

当社現場スタッフは先週、一同半袖に衣替えいたしました。

 

さて、垂井町HM邸の現場の様子をお伝えいたします。

現場では内部の造作工事が進みました。

 

何やら加工をしている久保田棟梁…

 

足元には溝の彫られた木材が仕上がっています。

これは…???

 

黙々と仕上げて…

 

組んでいきます…

 

そして取付け!

そうです、出入口など、扉の枠をつくっていたのでした!

 

枠材に加えて家具などの造作工事、下地工事も着々と進みました!

キッチン周辺…

 

こちらはリビングまわり…

ここまでくると何となく完成像が見えてきたでしょうか!?!?

 

いよいよ工事も最終場面!!

次回は完成したHM邸をご紹介いたします!

皆さんお楽しみに!!

カテゴリー:ブログ

次ページへ »